アルバイトは物流産業の会社で荷物の仕分け作業を主にやっていましたが、時給が良いのでお勧めです

男性画像アルバイトの定番といえば、外食産業やコンビニなどが一般的だといえると思いますが、大学生くらいの力が余っている男性は、それよりも時給の良い物流産業、 つまり、荷物の仕分けであったり、荷物の運搬の方が稼げると思います。

大学に通っていた頃は、ほとんど毎日バイトをしていました。
物流企業の下請けのような会社で、簡単にいえば毎日送られてくる荷物の仕分けでした。もの凄く重い荷物ばかりの日もあれば、軽い荷物だけの日もあり、その作業量はピンからキリまでありましたが、 総じて楽な日の方が多かったような気がします。

秋葉原でバイトを探すなら!バイトルドットコム!

本当に時給はよく、毎日働いていれば大学生の初任給程度も稼ぐことは可能でした。大学生の頃といえば、体は大人ですが脳はまだまだ幼く、社会に対する考え方も甘いところがありますので、もらったお金を将来のために貯金しておくなんて考えは毛頭なく、もらったらもらった分だけ、浪費していました。今思えば、あの頃から少しずつでも良いから貯金しておけば、と後悔してしまいます。
そこまで将来を見据えている大学生というのもちょっと固すぎる気もしますが。

アルバイトは他にも、冒頭に書いた外食産業でもやりました。
キッチンで料理を作るアルバイトです。これは一人暮らしをしていた身には大変役立つものでした。まかないなどもあるので、食べ物には困らないようになりましたし、料理もできるようになりました。
アルバイトは役に立つものか、儲かるものをお勧めします。

宅配仕分けのアルバイトって、体力は必要?